応用情報技術者試験の過去問&キーワードを動画2443本の動画で解説!スキマ時間に動画!※2017年9月11日現在

PR広告

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問 問4 システムアーキテクチャ 設問1

問4 システムアーキテクチャ

システム要件定義に関する次の記述を読んで、設問1~5に答えよ。

 A社は、乳製品を製造・販売する会社であり、主な顧客はスーパーマーケットや小売店である。

A社は首都圏近郊に三つの工場(X工場、Y工場、Z工場)をもち、牛乳、ヨーグルト、乳飲料など約30種類の製品を製造している。製品には、全ての工場で共通して生産する標準的な製品に加えて、それぞれの工場だけで生産するその地域限定の製品がある。また、1か月に1回製品価格の改定を行っており、顧客へは受注時点の製品価格で販売している。

 現在は、工場近郊の顧客からの注文を工場内にある営業部が受注し、受注した工場で製品を製造して顧客に出荷している。しかし、近年、工場近郊の顧客数にばらつきが生じ、X工場の製造量は限界に達しているが、Y工場の製造量には余裕がある状態となっている。そこで、各工場内にある営業部を本社へ統合し、顧客からの注文を本社で一括して受注し、製造を各工場に割り当てる業務改革を実施することになった。

 現在の受注システムは、各工場の営業部で受注することを前提に設計されており、業務改革に合わせて再構築が必要となった。 再構築に当たり、システムインテグレータであるB社のC君がシステム要件定義を担当することになった。

〔システム要件定義の進め方の検討〕

 C君は、まずシステム要件定義の進め方を検討し、次の①~③の流れでシステム要件定義を進めることにした。

① 現行システム分析: 現行システムの設計書やソースコードを基に、システムの現状をシステム機能一覧、a、概念データモデルなどにまとめる。

② 新業務分析: 営業部にヒアリングやアンケートを実施し、業務改革後の新業務の概要をb、業務フロー、概念データモデルなどにまとめる。

③ 課題分析: 現行システム分析と新業務分析の結果から、現行の受注システムの課題を分析する。

〔現行システム分析〕

 C君は、現行システム設計書を基に、現行の受注システムがもつテーブルを調査し、概念データモデルを作成した。現行の受注システムのテーブル構造(抜粋)を表1に、C君が作成した概念データモデル(抜粋)を図1に示す。表1において、下線は主キーを表す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問4 システムアーキテクチャ

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問4 システムアーキテクチャ

〔新業務分析と課題分析〕

 C君は、営業部にヒアリングやアンケートを実施し、業務改革後の新受注業務及び新出荷業務の業務フローの作成を行った(図2)。また、現行の受注システムの課題を次のように分析した。

課題1:業務改革後は顧客からの注文を本社で一括して受注するが、現行の受注システムでは、本社で一括して受注した受注データを登録できない。受注データの管理単位を変更する必要がある。

課題2:1回の受注で受け付けた製品を複数の工場から出荷する場合に、出荷データを登録できない。同一工場から、同一顧客へ、同一出荷日の製品を一つの出荷として扱い、工場ごとに別々の出荷ができるように、出荷データの管理単位を変更する必要がある。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問4 システムアーキテクチャ

〔新システムの概念データモデル〕

 C君は、〔新業務分析と課題分析〕の結果から新システムの概念データモデルを作成した。

C君が作成中の新システムの概念データモデルを図3に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問4 システムアーキテクチャ

設問1

本文中のabに入れる適切な字句を解答群の中から選び、記号で答えよ。

解答群

  • ア 課題問題点一覧
  • イ 業務一覧
  • ウ システム機能関連図
  • エ 要求一覧

解説

要件定義における、現状分析をしています。

システムはざっくり言うと「機能」と「データ」から成り立ちます。機能同士の関連も見えないと現状が分かりません。

現状システムの設計書やソースコードから「機能」がわかるので、「機能一覧」にまとめます(設計書に含まれている場合も多いです)。

また、現状システムの設計書やソースコードから「データ」がわかります。要件定義で必要になるのは俯瞰的な「概念データモデル」です。これも設計書に含まれている場合も多いです。E-R図からエンティティのみを抜き出しても良いかと思います。

機能同士は、関連しています。この関連が非常に重要です。従って「システム機能関連図」にまとめます!

現状分析の成果物(この問題の場合)は「機能一覧」「概念データモデル」「システム機能関連図」の3つとなります!

aには「ウ システム機能関連図」が入ります!

新業務分析では、システムの利用者にヒアリングやアンケートをとることで、必要な業務がわかります。これを「業務一覧」としてまとめます。

また、業務は1つ1つ独立しているわけではなく、連続性があります(例:見積もり▶︎部長決裁▶︎社長決裁)。この流れは「業務フロー」にします。

これらの業務分析をすると、必要な情報が見えてきます。それを「概念データモデル」にまとめます。

bには「イ 業務一覧」が入ります!

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問 問4 システムアーキテクチャ 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験過去問 午後 目次

業務経験がない組込みシステム開発の解説は控えさせていただきますご了承ください。


タグ: ,,,,,

PR広告

フェイスブックコメント

難解な応用情報技術者試験午前で80点中48点を取る優しい方法

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成28年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト