応用情報技術者試験の過去問&キーワードを動画2443本の動画で解説!スキマ時間に動画!※2017年9月11日現在

PR広告

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問 問8 情報システム開発 設問1

問8

 ソフトウェアパッケージの利用に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

 K社は、現行の購買システムの再構築のために、短期間で導入できる購買業務用ソフトウェアパッケージ(以下、購買パッケージという)の利用を検討している。現行業務を分析し改善要望を整理した結果を基に、業務機能を定義し、新業務フローを作成した。その上で、購買パッケージとのフィット&ギャップ分析を行い、ギャップ部分についてはできるだけ購買パッケージに合わせることとし、重要度が高いギャップだけ、追加プログラムの開発を行う方針とした。

(1) 改善要望の整理

 現行業務を分析し、改善要望を整理した。

・現在の見積りの業務では、現場担当者が仕入先に対して見積りを依頼している。仕入額の削減や発注遅延の防止を目的として、購買部から仕入先に対して見積りを依頼するようにしたい。

・仕入先とのやり取りの業務では、仕入先から受領した情報をシステムに入力する手間や、データの入力ミスが問題となっている。特に入力量が多い見積回答データや請求データについては、仕入先に直接入力させたい。

(2) 業務機能の定義

改善要望を整理した結果から、表1に示す業務機能を定義した。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

(3) 新業務フローの作成

業務機能を定義した結果から、図1に示す新業務フローを作成した。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

〔購買パッケージの機能〕

導入を検討している購買パッケージの標準機能を表2に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

〔フィット&ギャップ分析〕

業務機能と購買パッケージの標準機能とのフィット&ギャップ分析を行ったところ、表3の結果が得られた。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

〔追加プログラムの外部設計〕

 フィット&ギャップ分析によってギャップと判定された業務機能のうち、見積回答と、請求については、購買パッケージに合わせて、仕入先から受領した情報をK社の社員がシステムに入力する運用を継続することにした。見積取得依頼については、現場担当者からの依頼に基づいて、購買部が仕入先から見積りを取得するとうい改善要望を優先することとし、購買パッケージに対して、K社独自の機能を追加プログラムとして開発することにした。

 追加プログラムとして開発が必要な、現場担当者が入力する見積取得依頼の画面設計の一部を図2に、見積取得依頼のクラス図を図3に示す。追加プログラムは、購買パッケージが提供しているテーブル(パッケージテーブル)を直接参照せず、購買パッケージが提供しているプログラム(パッケージプログラム)を使用してパッケージテーブルにアクセスする。追加プログラムが必要とするデータでパッケージテーブルに存在しないデータは、K社独自のテーブルとして新たに作成する。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

 見積取得依頼画面のボタンとその機能を次に示す。

・品目名を入力する際、又は希望する仕入先があり希望仕入先名を入力する際は、品目ボタン又は仕入先ボタンを押すことによって、それぞれの入力補助画面へ遷移する。遷移先の入力補助画面でマスタ検索を行い、出力される品目又は仕入先をラジオボタンで選択し、確定ボタンを押すことによって、見積取得依頼画面の明細に、品目名又は希望仕入先名を指定する。

・明細追加ボタンを押すことによって、品目名、数量などを入力するための新たな明細行が追加される。

・選択欄のチェックボックスにチェックを入力した後、明細削除ボタンを押すことによって、選択した明細行が削除される。

・見積取得依頼画面で案件名及び明細行を入力し登録ボタンを押すことによって、見積取得依頼及びその明細が登録される。

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問8 情報システム開発

〔購買パッケージのバージョンアップ対応〕

 購買システムの本番リリース後、購買パッケージのバージョンアップがあり、見積回答機能が強化されて、K社の業務機能(表1のNo.3)に合致するようになった。そこで、購買パッケージのバージョンアップを検討し、追加プログラムへの影響調査を実施した。購買パッケージにおいては、バージョンアップの際に既存のパッケージテーブルに対する変更は一切行われていないことを確認した。また、追加プログラムの開発に当たって、K社ではパッケージプログラムやパッケージテーブルに対する改修を一切行っていない。

 念のため、テスト環境を用意して、購買パッケージのバージョンアップを行い、購買システムの動作検証を実施したところ、①追加プログラムが異常終了した。この原因を調査して追加プログラムの修正を実施し、本番環境のバージョンアップを無事に完了した。

設問1

表3中のacに入れる適切な機能内容について、それぞれ20字以内で述べよ。

解説

a, b, cは表3の穴埋めです。

表1には業務機能がまとめてあり、表2には購買パッケージの標準機能がまとめられています。

表3は表1と表2を比較した結果(フィットアンドギャップ)のギャップの部分です。

ギャップとは、業務機能は必要だが、購買パッケージの標準機能にない機能です。

a, b 見積回答

a, bは業務機能の「見積回答」に関することなので、表1の見積回答をみると

表1 業務機能の「見積回答」

仕入先が、見積回答を直接入力する。

なので、表2 購買パッケージの標準機能の「見積回答入力」をみると

仕入先から受領した見積回答書の内容を基に、見積金額を入力する。

このことから、

「見積金額ををシステムに入力」する機能はありますが、

「仕入先が見積回答を直接入力」する機能がありません。

(パッケージでは「仕入先から受領した見積回答書」という前提があります)

従って

aの答えは「見積金額ををシステムに入力」

bの答えは「仕入先が見積回答を直接入力」

となります!

c 請求

cは「請求」に関することなので、表1の請求をみると

仕入先が、請求内容を直接入力する

とあります。対応する表2の「請求書照合」をみると

仕入先から受領した請求書の請求内容と検収データを照合し、仕入先への支払金額を確定する。

これも、「仕入先から受領した請求書の請求内容」が前提となり、「仕入先が請求内容を直接入力」する機能はありません。

従って

cの答えは「仕入先が請求内容を直接入力」

となります!

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問 問8 情報システム開発 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験過去問 午後 目次

業務経験がない組込みシステム開発の解説は控えさせていただきますご了承ください。


タグ: ,,,,,

PR広告

フェイスブックコメント

難解な応用情報技術者試験午前で80点中48点を取る優しい方法

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成28年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト