応用情報技術者試験の過去問&キーワードを動画2443本の動画で解説!スキマ時間に動画!※2017年9月11日現在

PR広告

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午後問8 情報システム開発 設問1 合格率アップ!動画付き解説!

モジュール分割に関する次の記述を読んで、設問1~4に答えよ。

 E社は、英会話教室や料理教室などのカルチャースクール向けにSaaSを提供する会社である。E社のサービスは、画面デザインやシステム機能を顧客向けにカスタマイズできる点が人気を集めており、約100社の顧客が利用している。E社のサービスを提供するシステムには、顧客向けのカスタマイズを容易にするために、システム機能の部品化による高い再利用性が求められている。

 E社では、ビジネス拡大を目的としてスポーツクラブ向けの施設利用状況管理サービスを提供することになった。施設利用状況管理サービスを提供するシステム(以下、新システムという)の開発は、E社開発部のF君が担当することになった。

〔新システムの概要〕

 新システムは、会員管理機能、利用管理機能、利用状況集計機能の三つの機能を提供する。会員管理機能は、会員の氏名や連絡先などの情報を登録・更新・削除する機能である。利用管理機能は、スポーツクラブの店に設置する受付機を用いて、会員の利用施設や利用開始・終了日時などの施設利用実績を記録する機能である。利用状況集計機能は、各施設の利用状況を集計してレポート出力する機能である。

〔新システムのプログラムの開発方針〕

 F君は、E社のサービス提供方法を考慮したプログラムの開発方針を策定し、上司の承認を得た。F君が策定したプログラム開発方針を図1に示す。

・顧客向けのカスタマイズが容易となるように、また、特定モジュールへのカスタマイズが他のモジュールに与える影響が最小となるように、モジュール分割を行う。

特定顧客向けに開発したモジュールが他顧客にも利用できるように、共通機能をモジュール化し、モジュール強度を高め、モジュール結合度を下げる。

図1 プログラム開発方針

〔モジュール分割手法の選定〕

 F君は、新システムのモジュール設計を行うに当たり、モジュール分割手法の調査を行った。モジュール分割手法には、データを処理するトランザクションに着目して一連の処理をトランザクション単位にまとめてモジュールに分割するa、データの流れに着目してデータの入力・変換・出力の観点からモジュールに分割するb、データ構造に着目して入力データ構造と出力データ構造の対応関係からモジュールに分割するcなどがあることが分かった。

 F君は、新システムは、会員の施設利用実績データを蓄積し、それを集計した結果をレポート出力するので、cが最適な手法であることを調査報告書にまとめ、上司の承認を得た。

〔利用状況集計機能の入出力データ分析〕

 利用状況集計機能のプログラムは、施設利用実績データを集計し、店ごとに施設の利用状況をレポート出力する。

 プログラムへの入力は、受付機で記録した施設利用実績データである。プログラムからの出力は、店ごとの施設の月間利用者数、最多利用者情報などを記載した施設利用レポートである。施設利用実績データの例を表1に、施設利用レポートの例を図2に示す。

表1 施設利用実績データの例(抜粋)

利用店 施設名 会員番号 会員氏名 利用日 利用開始時刻 利用終了時刻
A プール 0010 Z 2016-09-05 14:10 18:10
A ジム 0001 W 2016-09-01 10:00 12:00
A ジム 0001 W 2016-09-03 10:30 13:00
B プール 0002 X 2016-09-15 17:30 19:00
B プール 0010 Z 2016-09-10 15:10 16:10
C プール 0002 X 2016-09-19 18:10 20:30
C スタジオ 0003 Y 2016-09-26 19:50 21:10

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午後問8 情報システム開発 合格率アップ!動画解説!

 F君は、プログラムへの入出力データの分析を行い、入力データ構造図及び出力データ構造図を作成した。F君が作成した入力データ構造図を図3に示す。

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午後問8 情報システム開発 合格率アップ!動画解説!

〔利用状況集計機能のプログラム構造の設計〕

 F君は、〔利用状況集計機能の入出力データ分析〕の結果を基に、プログラム構造の設計を行った。F君が設計したプログラム構造図を図4に示す。

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午後問8 情報システム開発 合格率アップ!動画解説!

〔利用状況集計機能のモジュール分割〕

 F君は設計したプログラム構造図を基に、プログラム開発方針に従ってモジュール分割の検討を行った。F君が検討したプール利用状況出力処理のモジュール分割案を図5に示す。図5中の①~④の破線は、モジュール分割案を示している。

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午後問8 情報システム開発 合格率アップ!動画解説!

 F君は、利用状況集計機能以外の機能についてもモジュール分割を行い、モジュール設計を完了させた。

設問1

本文中のacに入れる適切な字句を解答群の中から選び、記号で答えよ。

解答群

  • ア:STS分割
  • イ:TR分割
  • ウ:オブジェクト指向
  • エ:共通機能分割
  • オ:ジャクソン法
  • カ:ワーニエ法

設問1の解説

正解は

aが「イ:TR分割」

bが「ア:STS分割」

cが「オ:ジャクソン法」

です!

問題文

本文中のacに入れる適切な字句を解答群の中から選び、記号で答えよ。

ポイント:言葉の意味を知っていること

問題文のaの前段の「データを処理するトランザクションに着目して一連の処理をトランザクション単位にまとめてモジュールに分割する」はまさにTR(トランザクション)分割の説明です。

従って、aは「イ:TR分割」です!

「データの流れに着目してデータの入力・変換・出力の観点からモジュールに分割する』はSTS分割の説明です。

Sorce : 源泉、データ入力

Transformation : 変換

Sink : 出力

従って、bは「イ:STS分割」です!

「データ構造に着目して入力データ構造と出力データ構造の対応関係からモジュールに分割する」はジャクソン法の説明です。

従って、cは「オ:ジャクソン法」

設問2

図3中のd, eに入れる適切な字句を表1中の字句を使って答えよ。

設問2の解説

正解は

dが「施設名」

eが「会員氏名」

です!

問題文

図3中のd, eに入れる適切な字句を表1中の字句を使って答えよ。

ポイント:表1 施設利用実績データの例と図3 入力データ構造を見比べてみて、図3に足りないものはないでしょうか?

表1 施設利用実績データの例の列項目は下記の通りです。

利用店

施設名

会員番号

会員氏名

利用日

利用開始時刻

利用終了時刻

図3 入力データ構造図をみる「施設利用実績」から

利用店

d

会員情報(会員情報から会員番号とe

利用日

利用時刻(利用時刻から開始と終了)

と分かれています。

この中で、表1にあって、図3にないのはまず、施設名です。

dには施設名が入ります。

図3では、会員情報の下に、会員番号とeがあります。

表1より会員に関する情報は会員番号と会員氏名の2つです。

eには会員氏名が入ります。

設問3

図4中のf, gに入れる適切な字句を20字以内で答えよ。

設問3の解説

fが「店ごとの施設利用レポート出力処理(IPA公式解答)」 gが「利用者なし表示出力処理(IPA公式解答)」 です!

問題文

図4中のf, gに入れる適切な字句を20字以内で答えよ。

ポイント:この機能の目的は何でしょうか?

f, gは[利用状況集計機能のプログラム構造の設計]にあります。 fは最上位にあります。

このプログラムの目的は何でしょうか [利用状況集計機能の入出力データ分析]に「利用状況集計機能のプログラムは、施設利用実績データを集計し、店ごとに施設の利用状況をレポート出力する。」とあります。

このことから、「店ごとの施設利用レポート出力処理(IPA公式解答)」が最上位になります。

正解は、fが「店ごとの施設利用レポート出力処理(IPA公式解答)」です!

プログラム構造図をみると、 プール利用状況出力処理から最大同時利用者数出力処理と最多利用者情報出力処理が出ています。

さらに、最多利用者情報出力処理から上位利用者出力処理とgが出ています。

2つに分けられる要因は何でしょうか

図2 施設利用レポートの例の注記を見ると 当月の施設の利用者がいないときは、最多利用者情報(上位5名)の表の位置に"※当月の<施設名>利用者なし"という利用者なし表示を出力する。

とあります。このことから、gは「利用者なし表示出力処理(IPA公式解答)」です!

設問4

〔利用状況集計機能のモジュール分割〕について、(1)、(2)に答えよ。

(1) 図5中の②の破線の下の処理を複数の施設の利用状況出力処理で共通して利用するモジュールとする場合、モジュールの結合度は何結合となるか、解答群の中から選び記号で答えよ。

解答群

  • ア:データ結合
  • イ:スタンプ結合
  • ウ:制御結合
  • エ:外部結合
  • オ:共通結合
  • カ:内容結合

(2)図5中の処理をプログラム開発方針に従って、モジュール強度を高め、モジュール結合度を下げるようにモジュール分割するとき、最適な分割を図5中の①~④の番号を用いて答えよ。また、その理由を40字以内で述べよ。

設問4 (1)の解説

正解は「ウ:制御結合」です!

問題文

〔利用状況集計機能のモジュール分割〕について、(1)、(2)に答えよ。

(1) 図5中の②の破線の下の処理を複数の施設の利用状況出力処理で共通して利用するモジュールとする場合、モジュールの結合度は何結合となるか、解答群の中から選び記号で答えよ。

ポイント:②で分割した時にどうなるかを考えます。

②で分割すると、最多利用者情報出力処理以下全ての対応をする必要があります。

単純なデータ結合ではできません。

上位利用者出力と利用者なし表示出力処理の場合もモジュール内で考慮する必要があります。

従って、「ウ:制御結合」です!

設問4 (2)の解説

正解は

分割は「④」

理由は「データ結合のモジュールに分割でき、再利用やカスタマイズが容易になるから(IPA公式解答)」

です!

問題文

〔利用状況集計機能のモジュール分割〕について、(1)、(2)に答えよ。

(2)図5中の処理をプログラム開発方針に従って、モジュール強度を高め、モジュール結合度を下げるようにモジュール分割するとき、最適な分割を図5中の①~④の番号を用いて答えよ。また、その理由を40字以内で述べよ。

モジュール結合度が一番低いにはデータ結合です。破線④まで分割すると、利用者ごとの出力処理となるので、データ結合まで分けることが可能です。

データ結合までモジュール分割をすると、再利用性やカスタマイズ性が向上します。

従って、正解は

分割は「④」

理由は「データ結合のモジュールに分割でき、再利用やカスタマイズが容易になるから(IPA公式解答)」

です!


PR広告

フェイスブックコメント

難解な応用情報技術者試験午前で80点中48点を取る優しい方法

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成28年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト