応用情報技術者試験の過去問&キーワードを動画2443本の動画で解説!スキマ時間に動画!※2017年9月11日現在

PR広告

平成30年度秋 応用情報技術者試験 問76|合格率アップ!動画解説!

TOP :

平成30年度秋 応用情報技術者試験 問76

工場で、ある原料から生産している3種類の製品A、B及びCの単位量当たりの製造時間、原料所要量及び利益額を表に示す。この工場の月間合計製造時間は最大240時間であり、投入可能な原料は月間150kgである。このとき、各製品をそれぞれどれだけ作ると最も高い利益が得られるかを求めるのに用いられる手法はどれか。

製品 A B C
製造時間(時間) 2 3 1
減量所要量(kg) 2 1 2
利益額(千円) 8 5 5
  • ア:移動平均法
  • イ:最小二乗法
  • ウ:線形計画法
  • エ:定量発注法

正解:ウ

解説

各製品をそれぞれどれだけ作ると最も高い利益が得られるかを求めるのに用いられる手法は「ウ:線形計画法」です!

数学的にいうと1次式の制約条件、1次式の目的関数を最適化する解を求める数学的手法です。

経営学的に言うと1次式で表現される制約条件の下にある資源を、どのように配分したら1次式で表される効果の最大が得られるかを解く手法です。

目的関数

Z=x+y → 最大

制約条件

2x+1y≦12

x+y≦12

1x+2y≦12

x≧0,y≧0

LP

  • ア:移動平均法 → 棚卸資産の評価方法
  • イ:最小二乗法 → 複数要素から回帰直線を求める(適さない)
  • ウ:線形計画法 → 適してる
  • エ:定量発注法 → 発注を定量的に行う方法

平成30年度秋 応用情報技術者試験 目次

TOP :

PR広告

フェイスブックコメント

難解な応用情報技術者試験午前で80点中48点を取る優しい方法

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成28年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト