応用情報技術者試験の過去問&キーワードを動画2443本の動画で解説!スキマ時間に動画!※2017年9月11日現在

PR広告

平成30年度秋 応用情報技術者試験 問77|合格率アップ!動画解説!

TOP :

平成30年度秋 応用情報技術者試験 問77

売上高が7,000万円のとき、200万円の損失、売上高が9,000万円のとき、600万円の利益と予想された。売上高が8,000万円のときの変動費は何万円か。ここで、売上高が変わっても変動費率は変わらないものとする。

  • ア:3,200
  • イ:4,000
  • ウ:4,800
  • エ:5,600

正解:ウ

解説

売上高が8,000万円のときの変動費は「ウ:4,800」万円です!

利益と売上高と費用の関係は下記の通りです。

利益(マイナスだと損失) = 売上高 - 費用

費用 = 固定費 + 変動費なので

利益(マイナスだと損失) = 売上高 - (固定費 + 変動費)

変動費 = 売上高 × 変動費率なので

利益(マイナスだと損失) = 売上高 - (固定費 + (売上高 × 変動費率))

これに「売上高が7,000万円のとき、200万円の損失」を代入すると

-200 = 7,000 - (固定費 + (7,000 × 変動費率))

-200 = 7,000 - 固定費 - 7,000変動費率 ... ①

売上高が9,000万円のとき、600万円の利益

600 = 9,000 - (固定費 + (9,000 × 変動費率))

600 = 9,000 - 固定費 - 9,000変動費率 ... ②

①と②を整理します。2つの式を引き算します。

600 = 9,000 - 固定費 - 9,000変動費率 ... ②

-200 = 7,000 - 固定費 - 7,000変動費率 ... ①

800 = 2,000 -2000変動費率

-1,200 = -2,000変動費率

変動費率 = 0.6

変動費 = 売上高 × 変動費率 なので、売上高8,000万円の時の変動費は

変動費

= 8,000 × 0.6

= 4,800万円です!

平成30年度秋 応用情報技術者試験 目次

TOP :

PR広告

フェイスブックコメント

難解な応用情報技術者試験午前で80点中48点を取る優しい方法

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成28年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午後 動画解説再生リスト

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 応用情報技術者試験 午前 動画解説再生リスト