ヘッダー画像 沖縄県うるま市勝連城

ストラテジの最近のブログ記事

ストラテジ

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問60

金融庁の"財務報告に係る内部統制の評価及び監査に関する実施基準"における"ITへの対応"に関する記述のうち、適切なものはどれか。

  • ア:IT環境とは、企業内部に限られた範囲でのITの利用状況である。
  • イ:ITの統制は、ITに係る全般統制及びITに係る業務処理統制から成る。
  • ウ:ITの利用によって統制活動を自動化している場合、当該統制活動は有効であると評価される。
  • エ:ITを利用せず手作業だけで内部統制を運用している場合、直ちに内部統制の不備となる。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問61

SOAの説明はどれか。

  • ア:会計、人事、製造、購買、在庫管理、販売などの企業の業務プロセスを一元管理することによって、業務の効率化や経営資源の全体最適を図る手法
  • イ:企業の業務プロセス、システム化要求などのニーズと、ソフトウェアパッケージの機能性がどれだけ適合し、どれだけかい離しているかを分析する手法
  • ウ:業務プロセスの問題点を洗い出して、目標設定、実行、チェック、修正行動のマネジメントサイクルを適用し、継続的な改善を図る手法
  • エ:利用者の視点から各業務システムの機能を幾つかの独立した部品に分けることによって、業務プロセスとの対応付けや他のソフトウェアとの連携を容易にする手法

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問62

ITベンダにおけるソリューションビジネスの推進で用いるバランススコアカードの、学習と成長のKPIの目標例はどれか。ここで、ソリューションとは"顧客の経営課題の達成に向けて、情報技術と専門家によるプロフェッショナルサービスを通して支援すること"とする。

  • ア:サービスを提供した顧客に対して満足度調査を行い、満足度を5段階評価で平均3.5以上とする。
  • イ:再利用環境の整備によってソリューション事例の登録などを増やし、顧客提案数を前年度の1.5倍とする。
  • ウ:情報戦略のコンサルティングサービスに重点を置くために、社内要員30名をITのプロフェッショナルとして育成する。
  • エ:情報戦略立案やシステム企画立案に対するコンサルティングの受注金額を、全体の15%以上とする。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問63

BI(Business Intelligence)の活用事例として、適切なものはどれか。

  • ア:競合する他社が発行するアニュアルレポートなどの刊行物を入手し、経営戦略や財務状況を把握する。
  • イ:業績の評価や経営戦略の策定を行うために、業務システムなどに蓄積された膨大なデータを分析する。
  • ウ:電子化された学習教材を社員がネットワーク経由で利用することを可能にし、学習・成績管理を行う。
  • エ:りん議や決裁など、日常の定型的業務を電子化することによって、手続を確実に行い、処理を迅速化する。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問64

リサイクル法に基づく規制に準拠した使用済PCの回収・再資源化に関する記述のうち、適切なものはどれか。

  • ア:回収・再資源化の対象は、ディスプレイ以外のデスクトップPC、及びノートブックPC本体である。
  • イ:家庭から廃棄される際に、PCリサイクルマーク付きのPCは、メーカや輸入販売業者の責任で回収・再資源化する。
  • ウ:家庭から廃棄される自作PC又は倒産したメーカ若しくは輸入販売業者のPCは、回収・再資源化の対象外である。
  • エ:企業から廃棄されるPCは、メーカによる回収・再資源化の対象外であり、企業によって産業廃棄物として処理される必要がある。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問65

非機能要件項目はどれか。

  • ア:新しい業務の在り方や運用に関わる業務手順、入出力情報、組織、責任、権限、業務上の制約などの項目
  • イ:新しい業務の遂行に必要なアプリケーションシステムに関わる利用者の作業、システム機能の実現範囲、機能間の情報の流れなどの項目
  • ウ:経営戦略や情報戦略に関わる経営上のニーズ、システム化・システム改善を必要とする業務上の課題、求められる成果・目標などの項目
  • エ:システム基盤に関わる可用性、性能、拡張性、運用性、保守性、移行性、セキュリティ、システム環境などの項目

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問66

"情報システム・モデル取引・契約書"によれば、要件定義工程を実施する際に、ユーザ企業がベンダと締結する契約の形態について適切なものはどれか。

  • ア:構築するシステムがどのような機能となるか明確になっていないので準委任契約にした。
  • イ:仕様の決定権はユーザ側ではなくベンダ側にあるので準委任契約にした。
  • ウ:ベンダに委託する作業の成果物が具体的に想定できないので請負契約にした。
  • エ:ユーザ内のステークホルダとの調整を行う責任が曖昧にならないように請負契約にした。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問67

ベンチマーキングを説明したものはどれか。

  • ア:企業内に散在している知識を共有化し、全体の問題解決力を高める経営を行う。
  • イ:迅速な意思決定のために、組織の階層をできるだけ少なくしたフラット型の組織構造によって経営を行う。
  • ウ:優れた業績を上げている企業との比較分析から、自社の経営革新を行う。
  • エ:他社にはまねのできない、企業独自のノウハウや技術などの強みを核とした経営を行う。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問68

アンゾフが提唱する成長マトリクスを説明したものはどれか

  • ア:自社の強みと弱み、市場における機会と脅威を、分類ごとに列挙して、事業戦略における企業の環境分析を行う。
  • イ:製品と市場の視点から、事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて、戦略を検討する。
  • ウ:製品の市場占有率と市場成長率から、企業がそれぞれの事業に対する経営資源の最適配分を意思決定する。
  • エ:製品の導入期・成長期・成熟期・表退期の各段階に応じて、製品の改良、新品種の追加、製品廃棄などを計画する。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問69

RFM分析において、特にR(Recency)とF(Frequency) をそれぞれ三つに分類した。表の各セルに対する考察のうち、適切なものはどれか。

平成28年度秋 応用情報技術者試験午前 過去問69 合格率アップ!動画解説!

  • ア:AAに分類される顧客には、2度目以降の再購入を促進する特典提示や購入のお礼状が重要である。
  • イ:ACに分類される顧客には、コストを掛けてはならないので、マーケティング費用削減が重要である。
  • ウ:CAに分類される顧客は、離反しているおそれがあるので、離反していないかの調査が重要である。
  • エ:CCに分類される顧客に対しては、個人的なおもてなしを重視し、季節の挨拶などが重要である。

プロフィール

亀井亮介 はいさい!1979年生まれ宮城県石巻出身。沖縄県宜野湾在住の3人子供がいる亀井亮介です! 山形大学工学部卒業し、就職氷河期の中、アルバイトからドベドベWEBプログラマでしたが、フリーS.E.として引手あまた。ガンダム好きでガンプラ作ってます。2012年ITストラテジスト取得
Google+

平成24年春 応用情報技術者試験午前

平成23年秋 応用情報技術者試験午前

平成23年特別 応用情報技術者試験午前

平成22年秋 応用情報技術者試験午前

平成22年春 応用情報技術者試験午前

平成21年秋 応用情報技術者試験午前

平成21年春 応用情報技術者試験午前

ストラテジ系:キーワード

経営・組織論

  1. 経営理念
  2. 株式会社
  3. CSR
  4. グリーンIT
  5. プライバシーマーク - Pマーク
  6. 職能別組織
  7. 事業部制組織
  8. マトリックス組織
  9. 階層型組織(ヒエラルキー型組織)
  10. カンパニー制組織
  11. プロジェクト組織
  12. CEO - チーフエグゼクティブオフィサー
  13. COO - チーフオペレーティングオフィサー
  14. CFO - チーフファイナンスオフィサー
  15. CIO - チーフインフォメーションオフィサー

OR・IE

  1. データマイニング
  2. パレート図
  3. ABC分析
  4. 散布図
  5. シックスシグマ活動
  6. ブレーンストーミング
  7. OJT

会計・財務

  1. 固定費
  2. 変動費
  3. 貸借対照表
  4. 損益計算書
  5. キャッシュフロー計算書
  6. 減価償却
  7. 営業利益
  8. 自己資本利益率(ROE)

知的財産権

  1. 知的財産権
  2. 産業財産権
  3. 著作権
  4. 特許権
  5. 意匠権
  6. 商標権
  7. 実用新案権
  8. クロスライセンス
  9. パブリックドメイン
  10. クリエイティブコモンズ
  11. 営業秘密と不正競争防止法

セキュリティ関連法規

  1. 不正アクセス禁止法
  2. プロバイダ責任制限法
  3. 個人情報保護法

労働関連・取引関連法規

  1. 労働基準法
  2. 雇用
  3. 請負
  4. 派遣 - 労働者派遣法
  5. アウトソーシング
  6. 製造物責任法 - PL法

その他の法律・法務

  1. 会社法
  2. コーポレートガバナンス(企業統治、会社統治)
  3. ステークスホルダー
  4. ディスクロージャ

標準化関連

  1. JANコード
  2. ISO14001
  3. ISO9001
  4. IEEE802.3

マーケティング

  1. 4P(マーケティング)
  2. プロダクトライフサイクル
  3. クロスセリング
  4. オピニオンリーダー

ビジネス戦略

  1. ビジネス戦略
  2. BSC - バランススコアカード
  3. CSF - クリティカル・サクセス・ファクターズ
  4. バリューエンジニアリング
  5. ファブレス
  6. 技術ロードマップ

経営戦略手法

  1. 競争戦略
  2. SWOT分析
  3. PPM - プロダクトポートフォリオモデル
  4. コアコンピタンス
  5. アライアンス
  6. M&A - 企業の合併や買収
  7. TOB - 株式公開買付け
  8. MOT - 技術経営
  9. データウェアハウス
  10. アクセスログ

経営管理システム

  1. CRM - カスタマーリレーションシップマネジメント
  2. バリューチェーン
  3. SCM - サプライチェーンマネジメント
  4. ERP

ビジネスインダストリ

  1. ICカード
  2. 磁気カード
  3. クレジットカード
  4. デビットカード
  5. フランチャイズチェーン(FC)
  6. 住民基本台帳

エンジニアリングシステム

  1. ジャストインタイム(カンバン方式)
  2. セル型生産方式
  3. CAM - Computer Aided Manufacturing
  4. コンカレントエンジニアリング

eビジネス

  1. B to B - Business to Business
  2. B to C - Business to Consumer
  3. B to G - Business to Government
  4. C to C - Consumer to Consumer
  5. アフィリエイト
  6. ロングテール
  7. バナー広告

民生機器・産業機器

  1. 組込みシステム

情報システム戦略

  1. システム化計画
  2. システム管理基準
  3. SFA - セールスフォースオートメーション

業務プロセス

  1. ワークフローシステム
  2. BCP - ビジネスコンティニュイティプラン
  3. BPR - ビジネスプロセスリエンジニアリング
  4. グループウェア
  5. メールの利用方法

データモデリング

  1. データモデリング
  2. UML
  3. DFD - データフローダイアグラム

ソリューションビジネス

  1. SaaS - ソフトウェアアズアサービス
  2. ハウジングサービス
  3. ホスティングサービス
  4. ASP
  5. SOA - サービス指向アーキテクチャ

システム開発

  1. SLCP - ソフトウェアライフサイクルプロセス
  2. 要件定義
  3. ソフトウェア調達
  4. RFP - リクエストフォープロポーサル
  5. リスクマネジメント
  6. ディジタルディバイド