ヘッダー画像 沖縄県うるま市勝連城

経営戦略の最近のブログ記事

経営戦略

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問67

企業の競争戦略におけるチャレンジャ戦略はどれか。

  • ア:上位企業の市場シェアを奪うことを目標に、製品、サービス、販売促進、流通チャネルなどのあらゆる面での差別化戦略をとる。
  • イ:潜在的な需要がありながら、大手企業が参入してこないような専門特化した市場に、限られた経営資源を集中する。
  • ウ:目標とする企業の戦略を観察し、迅速に模倣することで、開発や広告のコストを抑制し、市場での存続を図る。
  • エ:利潤、名声の維持・向上と最適市場シェアの確保を目標として、市場内のすべての顧客をターゲットにした全方位戦略をとる。

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問68

売り手側でのマーケティング要素4Pは、買い手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。

  • ア:顧客価値(Customer Value)
  • イ:顧客コスト(Customer Cost)
  • ウ:コミュニケーション(Communication)
  • エ:利便性(Convenience)

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問69

ある製品における消費者の購買行動を分析した結果、コンバージョン率が低く、リテンション率が高いことが分かった。この場合に講じるべき施策はどれか。

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問69

  • ア:広告によって製品の認知度を高めても初回購入やリピート購入に結び付けられる可能性は低いと想定されるので、この製品の販売からの撤退を検討する。
  • イ:初回購入に至る消費者の心理的な障壁が高いことが想定されるので、無料サンプルの配布やお試し価格による提供などのセールスプロモーションを実施する。
  • ウ:製品の機能や性能と製品を購入した消費者の期待に差異があることが想定されるので、製品戦略を見直す。
  • エ:製品を購入した消費者が固定客化していることから現状のマーケティング戦略は効果的に機能していると判断できるので、新たな施策は不要である。

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問70

技術は、理想とする技術を目指す過程において、導入期、成長期、成熟期、衰退期、そして次の技術フェーズに移行するという進化の過程をたどる。この技術進化過程を表すものとして、適切なものはどれか。

  • ア:技術のSカーブ
  • イ:需要曲線
  • ウ:バスタブ曲線
  • エ:ラーニングカーブ

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問71

製品開発のスピードアップ手法を次のa〜dに分類した場合、bに相当するものはどれか。ここで、ア〜エは、a〜dのいずれかに該当する。

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問71

  • ア:CAD、CAM、CAEなど既に一部利用しているツールの積極的な活用
  • イ:消費者ニーズを調査し、製品開発につなげるための市場調査会社の活用
  • ウ:設計部門と生産部門の作業を並列に進めるコンカレントエンジニアリング
  • エ:大学との共同研究開発や、同業他社からの技術導入

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問72

EDIを説明したものはどれか。

  • ア:OSI基本参照モデルに基づく電子メールサービスの国際規格であり、メッセージの生成・転送・処理に関する総合的なサービスである。
  • イ:ネットワーク内で伝送されるデータを蓄積したり、データのフォーマットを変換したりするサービスなど、付加価値を加えた通信サービスである。
  • ウ:ネットワークを介して、商取引のためのデータをコンピュータ(端末を含む)間で標準的な規約に基づいて交換することである。
  • エ:発注情報をデータエントリ端末から入力することによって、本部又は仕入先に送信し、発注を行うシステムである。

平成28年度春応用情報技術者試験午前過去問73

SEOの説明はどれか。

  • ア:ECサイトにおいて、個々の顧客の購入履歴を分析し、新たに購入が見込まれる商品を自動的に推奨する機能
  • イ:Webページに掲載した広告が契機となって商品が購入された場合、売主から成功報酬が得られる仕組み
  • ウ:検索エンジンの検索結果一覧において自社サイトがより上位にランクされるようにWebページの記述内容を見直すなど様々な試みを行うこと
  • エ:検索エンジンを運営する企業と契約し、自社の商品・サービスと関連したキーワードが検索に用いられた際に広告を表示する仕組み

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問66

環境省の環境表示ガイドラインによれば、環境表示の説明はどれか。

  • ア:温室効果ガスを削減するために、企業や国が排出枠を決め、温室効果ガスが排出枠に届かない不足分と、排出枠に収まらない超過分を、企業や国が市場で取引することを明らかにしたもの
  • イ:国や地方公共団体などの公的機関が、率先して環境物品(環境負荷の低減に資する製品やサービス)の調達を推進するなど、環境物品への需要の転換を促進するために必要な事項を規定したもの
  • ウ:製品やサービスについて、環境に配慮した点や環境負荷の低減効果などの特徴、事業者の環境配慮への姿勢を、説明文やシンボルマーク、図表などを通して主張したもの
  • エ:風力、太陽光、バイオマスなどの再生可能エネルギーによって発電されたグリーン電力が、化石燃料に比較して温室効果ガスの排出量が少ないなどという環境付加価値を取引可能な証書にしたもの

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問67

多角化戦略のうち、M&Aによる垂直統合に該当するものはどれか。

  • ア:銀行による保険会社の買収・合併
  • イ:自動車メーカによる軽自動車メーカの買収・合併
  • ウ:製鉄メーカによる鉄鋼石採掘会社の買収・合併
  • エ:電機メーカによる不動産会社の買収・合併

平成27年度秋応用情報技術者試験午前過去問68

現在の動向から未来を予測したり、システム分析に使用したりする手法であり、専門的知識や経験を有する複数の人にアンケート調査を行い、その結果を互いに参照した上で調査を繰り返して、集団としての意見を収束させる手法はどれか。

  • ア:因果関係分析法
  • イ:クロスセクション法
  • ウ:時系列回帰分析法
  • エ:デルファイ法

プロフィール

亀井亮介 はいさい!1979年生まれ宮城県石巻出身。沖縄県宜野湾在住の3人子供がいる亀井亮介です! 山形大学工学部卒業し、就職氷河期の中、アルバイトからドベドベWEBプログラマでしたが、フリーS.E.として引手あまた。ガンダム好きでガンプラ作ってます。2012年ITストラテジスト取得
Google+

平成24年春 応用情報技術者試験午前

平成23年秋 応用情報技術者試験午前

平成23年特別 応用情報技術者試験午前

平成22年秋 応用情報技術者試験午前

平成22年春 応用情報技術者試験午前

平成21年秋 応用情報技術者試験午前

平成21年春 応用情報技術者試験午前

ストラテジ系:キーワード

経営・組織論

  1. 経営理念
  2. 株式会社
  3. CSR
  4. グリーンIT
  5. プライバシーマーク - Pマーク
  6. 職能別組織
  7. 事業部制組織
  8. マトリックス組織
  9. 階層型組織(ヒエラルキー型組織)
  10. カンパニー制組織
  11. プロジェクト組織
  12. CEO - チーフエグゼクティブオフィサー
  13. COO - チーフオペレーティングオフィサー
  14. CFO - チーフファイナンスオフィサー
  15. CIO - チーフインフォメーションオフィサー

OR・IE

  1. データマイニング
  2. パレート図
  3. ABC分析
  4. 散布図
  5. シックスシグマ活動
  6. ブレーンストーミング
  7. OJT

会計・財務

  1. 固定費
  2. 変動費
  3. 貸借対照表
  4. 損益計算書
  5. キャッシュフロー計算書
  6. 減価償却
  7. 営業利益
  8. 自己資本利益率(ROE)

知的財産権

  1. 知的財産権
  2. 産業財産権
  3. 著作権
  4. 特許権
  5. 意匠権
  6. 商標権
  7. 実用新案権
  8. クロスライセンス
  9. パブリックドメイン
  10. クリエイティブコモンズ
  11. 営業秘密と不正競争防止法

セキュリティ関連法規

  1. 不正アクセス禁止法
  2. プロバイダ責任制限法
  3. 個人情報保護法

労働関連・取引関連法規

  1. 労働基準法
  2. 雇用
  3. 請負
  4. 派遣 - 労働者派遣法
  5. アウトソーシング
  6. 製造物責任法 - PL法

その他の法律・法務

  1. 会社法
  2. コーポレートガバナンス(企業統治、会社統治)
  3. ステークスホルダー
  4. ディスクロージャ

標準化関連

  1. JANコード
  2. ISO14001
  3. ISO9001
  4. IEEE802.3

マーケティング

  1. 4P(マーケティング)
  2. プロダクトライフサイクル
  3. クロスセリング
  4. オピニオンリーダー

ビジネス戦略

  1. ビジネス戦略
  2. BSC - バランススコアカード
  3. CSF - クリティカル・サクセス・ファクターズ
  4. バリューエンジニアリング
  5. ファブレス
  6. 技術ロードマップ

経営戦略手法

  1. 競争戦略
  2. SWOT分析
  3. PPM - プロダクトポートフォリオモデル
  4. コアコンピタンス
  5. アライアンス
  6. M&A - 企業の合併や買収
  7. TOB - 株式公開買付け
  8. MOT - 技術経営
  9. データウェアハウス
  10. アクセスログ

経営管理システム

  1. CRM - カスタマーリレーションシップマネジメント
  2. バリューチェーン
  3. SCM - サプライチェーンマネジメント
  4. ERP

ビジネスインダストリ

  1. ICカード
  2. 磁気カード
  3. クレジットカード
  4. デビットカード
  5. フランチャイズチェーン(FC)
  6. 住民基本台帳

エンジニアリングシステム

  1. ジャストインタイム(カンバン方式)
  2. セル型生産方式
  3. CAM - Computer Aided Manufacturing
  4. コンカレントエンジニアリング

eビジネス

  1. B to B - Business to Business
  2. B to C - Business to Consumer
  3. B to G - Business to Government
  4. C to C - Consumer to Consumer
  5. アフィリエイト
  6. ロングテール
  7. バナー広告

民生機器・産業機器

  1. 組込みシステム

情報システム戦略

  1. システム化計画
  2. システム管理基準
  3. SFA - セールスフォースオートメーション

業務プロセス

  1. ワークフローシステム
  2. BCP - ビジネスコンティニュイティプラン
  3. BPR - ビジネスプロセスリエンジニアリング
  4. グループウェア
  5. メールの利用方法

データモデリング

  1. データモデリング
  2. UML
  3. DFD - データフローダイアグラム

ソリューションビジネス

  1. SaaS - ソフトウェアアズアサービス
  2. ハウジングサービス
  3. ホスティングサービス
  4. ASP
  5. SOA - サービス指向アーキテクチャ

システム開発

  1. SLCP - ソフトウェアライフサイクルプロセス
  2. 要件定義
  3. ソフトウェア調達
  4. RFP - リクエストフォープロポーサル
  5. リスクマネジメント
  6. ディジタルディバイド